マンションを大規模修繕して安全を確保しよう

男女

業者を選ぶ時の流れ

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、建設コンサルタント会社の協力を得るのが一般的です。マンションの現状を把握して、適切な工事内容を検証してもらったうえで、建設会社に見積もりを出してもらうのが一般的です。

建物修繕のための業者選び

男の人

選ぶためのポイント

大規模修繕とは、マンションの経年劣化に合わせて定期的、計画的に行う修繕のことです。外壁、通路などの共用部はもちろん、バルコニーなどの半共有部空間についても行う場合があります。竣工後、10〜15年ごとに行われ、マンションの劣化を防ぐとともに資産価値を高めるという役割も持っています。マンションの大規模修繕には業者が欠かせません。では、どのように業者を選んでいったら良いのでしょうか。まず、マンション建築時の業者にこだわることをやめましょう。もちろん同じ業者に関わってもらえば安心できるのは確かですが、他の業者でも基本的な技術力に差異はありません。ひとまずその業者は選択肢の一つとして捉え、他の業者も同様の目線で探してみましょう。大規模修繕業者の選定時には、公募などを行って候補を絞った後に、見積を受けることになります。ここで重要なのは、見積金額の安さだけですべてを判断しないことです。新しい技術や製品、その社独自の技術などが大規模修繕の施工に含まれる場合、当然ですが見積額は上がります。目の前の安さを取るか、長い目で見てマンションの今後につながるような修繕を取るか、しっかり考えなくてはいけません。また、その業者の社風も重要です。子会社や下請けに至るまで、スタッフのフォローをきっちりとする会社なのか、過去に事故や隠蔽などの施工上の不祥事を起こしていないかは非常に重要です。口コミなども参照して念入りに調べましょう。このようなポイントから大規模修繕の業者を総合的に判断して選ぶことをお勧めします。

建物の修繕依頼で重要な点

マンションなどの大規模修繕では、依頼する業者の選定が大切です。見積もりは修繕が必要な箇所の優先順位を知ることから始まります。さらにできるだけ同一条件で比較できるように依頼内容を工夫し、内容の検討については必須の工事とそうでない工事から取捨選択します。諸経費やアフターサービスの中身も同時に確認します。

マンションの機能維持

マンションでは、劣化により機能が低下していきます。それを改善するために行われている工事が、大規模修繕工事です。具体的には、外壁のタイルの張り替えや屋上の防水工事、駐車場の舗装などが行われます。部分的な補修ではなく、マンション全体が対象となっているので、完了までに2〜3ヶ月ほどかかります。